施工管理の仕事内容とは?気になる求人内容

働き方について

施工管理は、正社員と契約社員といった働き方ができます。それぞれ仕組みが違うのでみてみましょう。

正社員と契約社員の違い

契約社員

契約社員の場合は、雇用契約が最初から定められているため、期間満了と同時に別の会社に移ることもあります。しかし会社での活躍が認められれば、更新をして働き続けることができます。

正社員

雇用された時点で期間は定められていないので余程の事がない限り解雇されることはありません。長くずっと働けるのが大きなメリットでしょう。

施工管理の仕事内容とは?気になる求人内容

かなづち

施工管理の仕事内容とは

メインの仕事は現場の巡回ですが、現場での安全確認、進歩状況、現場の写真撮影もしていきます。終礼では業務上の反省点を振り返って改善案を出します。さらに仕事のスケジュールを決めたり、書類作成をしたりすることも施工管理の仕事です。

大工

大工を目指すことも可能

施工管理の仕事を通じて、大工の仕事に興味を抱く方も珍しくありません。大工の場合は、リフォーム全般、土木作業、建築作業と応募職種が沢山あります。未経験を募集している求人もあるので、チェックしましょう。

研修ありの求人を探そう

施工管理や大工未経験の場合は研修制度が整った会社の求人がベストです。中でも新人を育てるのが上手い大手会社は、施工管理として働きながら研修が受けられます。早くひとり立ちするポイントとしては研修ありの会社に入社することです。そこもチェックしつつ、求人探しをしましょう。

広告募集中